2009年11月11日

bangkok の 旅 no.2

oct.31, 2009
バンコクで最初の朝が明けた。
あまりに赤い太陽が大きな窓から差し込む、早速 いつもの様に、
S氏に声をかけ、近辺を歩く。
ホテルは、敷地も広く、きれいである、朝も早くから車が疾走し、歩道橋を
渡りながら、店の通りを見出すが、公園が近くになく、殺風景ではある。

朝食は、7時半を過ぎて、皆でテーブルにつく。
M氏の顔色もよく、盛りだくさんのバイキングスタイルの中、宿泊客も多く、
シーリアル、牛乳、トマトジュース、お粥と前半食べ、その他の
野菜、ベーコン、オムレツ(その場での調理)、トーストとたっぷり食べる。
女性軍もしっかり食べて、満足感があり、朝食はホテル代に included.

ゆったりの食事のあと、近くの rachadapiesk 駅に、ホテル近くの河のあたりにたむろするタクシーを振り切り、ゆっくりと歩く。
頗る早いエスカレーターに乗りつつ、改札に立つ。
早速 I氏に教わった方法で、プラ製の黒い碁石の様なチップを使い、改札を通る。
親切なスタッフの教えてもらった リフトを活用して、プラットホームに立つ。
二重の扉になっていて、電車が来ないと開かない最新式。

地下鉄は、何故か 厳戒態勢で、係官にいるゲートを通り、異物検査をしている。

終着のファランポーン駅で降り、駅周辺の案内者に聞くと、王宮は、本日 午後2:00からとかで、急遽 アユタヤ訪問に切り替え、中央駅で、一人B15の切符を買い、
待つ間もなく、乗れるとかで、先にチェックして、乗車することになる。
この列車へのタラップが高く、暫し躊躇うが、S氏が上からM氏を後ろ向きにして、
両腕を差し込み、一気に2段 引っ張りあげたのには、恐れ入った。

その体力の余韻もあるうち、2人づつ別にビニール製のシートに腰掛ける。
11:00 過ぎの定時に、低いプラっとホームから、列車が出る。
車窓から市内を過ぎ、暫くして眼下、線路脇に、スラム的人家が軒を連ねる、
3度目の光景だが、貧しい生活を垣間見る。
田園風景を車窓にしながら、S氏が ビデオを撮り、1時間40分位で、目的の
のんびりしたアユタヤ駅に到着する。

構内、プラットホーム、駅舎の入り口からの景色と 以前と何も変わらない。
女性達が用を済ませんている間にも、帰りの切符購入の折衝、ツゥクツゥクの
運転手の交渉と矢継ぎ早に済ませ、背を向けたら最終妥協price が出たので、OKし、
お仲間を呼ぶ、乗ることになった車(三輪ミゼット)は、特に小さく、屋根が頭に
つかえる程であったが、M氏が上がって乗るのに、また一苦労だが、小さい事が幸いして、
腰を掛け、足を上にあげ、移動する事で納まり、まあ 彼等も他の快適な味を知らないので、それはそれで、外から風を受け、オンボロ車は行くであった。

橋を越えると アユタヤの遺跡のある地区で、最初の遺跡や祭ってある神を拝み、
3か所目に、最も 壮大な遺跡群を歩く、遺跡は、ヒンズー教までさかのぼって、
古式蒼然としたというか、赤茶けた色を年代につれて黒くした、100年単位で年月を積み重ねた様相で、殆ど 手つかずの そのままっといった感じで、ここだけが価値ある空気と空間の場所であった。

途中 B20で食べれる ココナツを、2つで4人で飲み、底をスプーンでさらえた果肉が
妙に食べやすかった。

2時間B400で、3か所であったが、不思議な事に、前回1時間で、更に 山田長政の記念館まで廻った事を思うと、相当早足で回ったのだろう。三輪を走り廻らせていた印象のみ残るが、受けた印象は、変わらない。

今回2度目で、2006年に見た世界遺産、アンコールワットの遺跡があまりに広大な地域で、精緻に過ぎた為、重くはのしかからなかったが、友と静かに歩いた16世紀の地は、
特別な異空間であった。
最初に、東南アジアの遺跡を見た、友人たちの受けた印象は、いかばかりであったろう。

帰りのプラっトホームは、旅行者で溢れていた、4時過ぎに来た列車は、立ち位置も違い、
地面から直接デッキに乗らなければいけないもので、完全にimpossible で 諦めた。

次に来た列車にようやく乗ったが、あらかたこの前のに、殆どの乗客が乗り、空いていて
座れたが、今度は、木の座席で、女性陣は、すわり心地は悪かったでしょう。

帰りは、スピード速く良かったが、中央駅に近づくにつれ、遅くなり、着いた時点では、すっかり暗くなり、帰りの食事は、ファランポーから2つ目の バンコク地場資本の
トップランクの ジュシタニホテルでの宮廷料理とのことで、二の返事でホテルのテーブルについた。 食事も優雅で、ワインが胃に沁みた。priceは少々 高かったが、カッコよくサインしたレシートは、失くしてしまった。 そんなわけで、かくも贅沢な一日を過ごし、一同家路を急いだのであった。


JPGJPG







CIMG0041ayutaya in frontCIMG0042 ladies in front, pagoda







CIMG0043 between wallsCIMG0044 old tomb like


dohongrose27 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月01日

青春鉄道旅行、冬の山陰を大晦日に

雪の山冬の鳥取砂丘







城崎温泉雪の智頭







青春列車の旅で 日本海へ2年ぶりに家族4人、大晦日ぐるり兵庫一週。

朝4時起き、5時に出て、駅近くの駐車場で車を停め、大阪駅発6:00PM 網干行き快速で、上郡、智頭線、鳥取砂丘、浜坂、城崎で温泉につかり、
夜の9時過ぎ大阪駅に舞い戻りました。

長男が離れているので、家族4人の気綱が強くなった気がします、
次男と私は、大方眠ってましたが。

智頭線は、別運賃(青春切符に含まれず)だが、鳥取まで一気に近くなった様です。
鳥取までの山岳部は、雪一色で、浜坂(夢千代日記)の街は、雪国。

砂丘は、寒く、窓の外は、灰色の雲が日本海に重くのしかかり、
食事と砂の美術館を見学して、早々に戻る。
浜阪を発ち、見所の餘部鉄橋を渡る時、立ち上がると 若い鉄ちゃん達も待ちかねたように立ち上がり歓声。
眼下には、一組の人がこちらにカメラを向けていた。上からでも十分高さを味わえた。

最後の愉しみの城崎温泉は、駅近くに温泉旅館があり、駅からすぐ
飛び込み、露天風呂で暖まれた。
旅館を出て振りかえると しっとりした温泉街が心に残った。

8:23 上郡
9:40 智頭
10:09 智頭(JR)
11:10 鳥取
13:34 "
14:24 浜坂
15:04 "
16:07 城崎
17:11 "
19:00 福知山
21;19 大阪

青春切符 ¥2300 x 5 pcs.
城崎からの帰り、特に福知山からが この旅の消化試合、忍耐強く



dohongrose27 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)