個人旅行

2011年10月14日

コスタリカの旅 2

4.24

現地初めてのツアーに出かける。

朝6時起床、7時にホテル前に、pick up 、

2箇所ホテルを回り、holiday inn でdominica の若いカップル、

別の大きなホテルでは、米国人・看護婦の小母さん(現地の病院で、看護婦を指導)

と集め、英語の上手な男性ガイドがつき、トランスアメリカの快適な道路を走る。

まずは、コーヒー園で、コーヒの実を見せながら、ジョークも入れながら詳しい説明、

大変hillyな所で、山中に盆地のsan joseがある、周囲全て緑と環境はい。

コーヒーは数年で実がなり、収穫の後は、休ませ、イチゴを作ったりしている。

収穫には、ニカラグア人の安い労働力が支えている。一日$20を稼ぎ、半分仕送り。

現地では、$100 /月の賃金。

季節労働で、今は仕事はない。

途中の小さな土産物屋で、銀色の袋に入ったここでしか買えないいいコーヒ−を買う。


次に 火山の火口を見に、高地をバスが上る、高地は寒くて、上にレインコートがいる、

下が半パンだったのが悔やまれる。火口付近は、霧が出ていて、雄大な火口は、全く見えず、たくさんの見物客は、霧を見下ろすばかり。

ガイドさんから かんばんの絵を見て説明を受ける。


その後、楽園のような植物園に入る。色とりどりの鳥や花を見ながら、遠くの山々を見ていると正に天国。

ナマケモノ、ジャガー、山猫、white face のサル、毒がエル、植物・昆虫と見ていると、種類・植物の品種と多さに驚く。

そこで食事をとる、バイキングでしっかり食べる。


次に 水量の多い滝を見る、箕面の滝位だが、滝が落ちる間際まで立っていけるので

迫力がある。

熱帯で高地の独特の風景を見ながら下りを歩いたあと、昔のバスが待っていて、

まとめて元のレストランのある所まで上がってくれる。

そこから帰る事になるが、途中の道が地震で崩れたところだと説明があった。

3時半位に現地を出て、5時半位にホテルに戻った。Door to door がいい。

看護婦のおばちゃん、ドミニカの夫婦、老夫婦と下し、最後にapartotel。

夕食はカレーで、その後やっと便が普通に出る。洗濯、食後の片づけ。明日の打合せで

あっという間に24日は終わる。




 001 (120) 4 in one rest all











 001 (153) inco 2 001 (151) inco 001 (150) inco on my hand







 001 (149) 4 in 1 inco in hand 001 (146) eagle 4 in 1 001 (143) 4 in 1 paradiso near







 001 (142) 4 n on e rest bus 001 (140) 4 in 1 001 (139) 4 in 1







 001 (136) paradise of 4 in 1road 001 (134) miyagemono coffee







 001 (131) lunch 4 in one 001 (137) 4 in 1 rest 001 (129) h in foggy







 001 (125) 4 in 1 001 (124) 4 in 1 001 (121)lunch 4 in 1







 001 (122) 4 in 1 001 (154) inco 3

dohongrose27 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月11日

bangkok の 旅 no.2

oct.31, 2009
バンコクで最初の朝が明けた。
あまりに赤い太陽が大きな窓から差し込む、早速 いつもの様に、
S氏に声をかけ、近辺を歩く。
ホテルは、敷地も広く、きれいである、朝も早くから車が疾走し、歩道橋を
渡りながら、店の通りを見出すが、公園が近くになく、殺風景ではある。

朝食は、7時半を過ぎて、皆でテーブルにつく。
M氏の顔色もよく、盛りだくさんのバイキングスタイルの中、宿泊客も多く、
シーリアル、牛乳、トマトジュース、お粥と前半食べ、その他の
野菜、ベーコン、オムレツ(その場での調理)、トーストとたっぷり食べる。
女性軍もしっかり食べて、満足感があり、朝食はホテル代に included.

ゆったりの食事のあと、近くの rachadapiesk 駅に、ホテル近くの河のあたりにたむろするタクシーを振り切り、ゆっくりと歩く。
頗る早いエスカレーターに乗りつつ、改札に立つ。
早速 I氏に教わった方法で、プラ製の黒い碁石の様なチップを使い、改札を通る。
親切なスタッフの教えてもらった リフトを活用して、プラットホームに立つ。
二重の扉になっていて、電車が来ないと開かない最新式。

地下鉄は、何故か 厳戒態勢で、係官にいるゲートを通り、異物検査をしている。

終着のファランポーン駅で降り、駅周辺の案内者に聞くと、王宮は、本日 午後2:00からとかで、急遽 アユタヤ訪問に切り替え、中央駅で、一人B15の切符を買い、
待つ間もなく、乗れるとかで、先にチェックして、乗車することになる。
この列車へのタラップが高く、暫し躊躇うが、S氏が上からM氏を後ろ向きにして、
両腕を差し込み、一気に2段 引っ張りあげたのには、恐れ入った。

その体力の余韻もあるうち、2人づつ別にビニール製のシートに腰掛ける。
11:00 過ぎの定時に、低いプラっとホームから、列車が出る。
車窓から市内を過ぎ、暫くして眼下、線路脇に、スラム的人家が軒を連ねる、
3度目の光景だが、貧しい生活を垣間見る。
田園風景を車窓にしながら、S氏が ビデオを撮り、1時間40分位で、目的の
のんびりしたアユタヤ駅に到着する。

構内、プラットホーム、駅舎の入り口からの景色と 以前と何も変わらない。
女性達が用を済ませんている間にも、帰りの切符購入の折衝、ツゥクツゥクの
運転手の交渉と矢継ぎ早に済ませ、背を向けたら最終妥協price が出たので、OKし、
お仲間を呼ぶ、乗ることになった車(三輪ミゼット)は、特に小さく、屋根が頭に
つかえる程であったが、M氏が上がって乗るのに、また一苦労だが、小さい事が幸いして、
腰を掛け、足を上にあげ、移動する事で納まり、まあ 彼等も他の快適な味を知らないので、それはそれで、外から風を受け、オンボロ車は行くであった。

橋を越えると アユタヤの遺跡のある地区で、最初の遺跡や祭ってある神を拝み、
3か所目に、最も 壮大な遺跡群を歩く、遺跡は、ヒンズー教までさかのぼって、
古式蒼然としたというか、赤茶けた色を年代につれて黒くした、100年単位で年月を積み重ねた様相で、殆ど 手つかずの そのままっといった感じで、ここだけが価値ある空気と空間の場所であった。

途中 B20で食べれる ココナツを、2つで4人で飲み、底をスプーンでさらえた果肉が
妙に食べやすかった。

2時間B400で、3か所であったが、不思議な事に、前回1時間で、更に 山田長政の記念館まで廻った事を思うと、相当早足で回ったのだろう。三輪を走り廻らせていた印象のみ残るが、受けた印象は、変わらない。

今回2度目で、2006年に見た世界遺産、アンコールワットの遺跡があまりに広大な地域で、精緻に過ぎた為、重くはのしかからなかったが、友と静かに歩いた16世紀の地は、
特別な異空間であった。
最初に、東南アジアの遺跡を見た、友人たちの受けた印象は、いかばかりであったろう。

帰りのプラっトホームは、旅行者で溢れていた、4時過ぎに来た列車は、立ち位置も違い、
地面から直接デッキに乗らなければいけないもので、完全にimpossible で 諦めた。

次に来た列車にようやく乗ったが、あらかたこの前のに、殆どの乗客が乗り、空いていて
座れたが、今度は、木の座席で、女性陣は、すわり心地は悪かったでしょう。

帰りは、スピード速く良かったが、中央駅に近づくにつれ、遅くなり、着いた時点では、すっかり暗くなり、帰りの食事は、ファランポーから2つ目の バンコク地場資本の
トップランクの ジュシタニホテルでの宮廷料理とのことで、二の返事でホテルのテーブルについた。 食事も優雅で、ワインが胃に沁みた。priceは少々 高かったが、カッコよくサインしたレシートは、失くしてしまった。 そんなわけで、かくも贅沢な一日を過ごし、一同家路を急いだのであった。


JPGJPG







CIMG0041ayutaya in frontCIMG0042 ladies in front, pagoda







CIMG0043 between wallsCIMG0044 old tomb like


dohongrose27 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月28日

taipei june 11-16, 2009

6月15日(月)


今日一日で 台北も終わり。

また ゆっくり朝食をとり、少し雲行きの悪い中、バスで、総督府に行く。
威厳がある建物であり、日本人の設計、建築による。
警護が厳しい。バッグ等を預けると、内部は、80歳の老人が日本語で丁寧に説明して
くれた。彼は戦前の軍隊の教育が好きですと言っておられた。
歴代の日本の総督の写真が飾られていて、朝鮮と同様 地位は重いものだったに違いない。
朝鮮、台湾、千島列島、南樺太とあれば、地域も多様で、職域も広く、統治するのも
大変で、資源も豊富で、随分 ちんまりした今とは 違ったものであったろう と説明を
聞きながら 昔に思いを馳せた。


昼に また ティンタイフォンで ショウロンポーを食す、平日の昼も待っている人が多いのに驚いた。

其の後、H氏は、買い物、我々は別途ホテルに帰る、近辺を散歩、散髪屋に行く、
カットのみで nt$600 で安くはないが、半分眠っていた。時計は nt$350 で時計屋で買う。

夕方 S氏がホテルに来訪、我々を憧れの 重厚な 圓山大飯店に招待。
最高のホテルで、ゆったりとして食し、素晴らしいという夜景を見て、

夜遅く、更には 陽明山からの更なるmillion dollar 夜景を見て、慕情の 場面のような
場所をあとにして、零時過ぎにホテルに戻ろ。

最後に 銘茶を頂き、至れり尽くせりのS氏と別れる。

もう こんなのないでしょう。

気楽に 家族で来てもいい。


一部屋 \6200 で 5泊しても、一人¥15000.- も助かる。
おまけに 朝食のバイキングがサービスは、good.
唯 伝統あるこのホテルも古い、昼間見ると、老朽化していた。


日本の様な 台北、日本にない、中華料理、南国の 香りが漂う。
何度行っても嫌にならない台湾。




HI3A0104台湾総督府HI3A0109店前の本人HI3A0110建物横






HI3A0111圓山大飯店 S氏とHI3A0117玄関の花と本人(圓山)HI3A0118圓山 玄関







HI3A0119玄関と花HI3A0120玄関の金龍HI3A0123圓山のレストラン






HI3A0124 陽明山からHI3A0121車口からの淡水夜景

dohongrose27 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

taipei june 11-16, 2009

6月14日(日)


本日は、バスを乗り継ぎ、故宮博物院に行く。
余りに展示物が多く、一つにゆっくり時間をかけていると、時間がかかりすぎるって事で、
H氏の助言で、2時間で切り上げ、昼食に。4Fでゆっくり食し、いったんホテルに戻る。

有名な ショウロンポーを夕食にするとの事で、タクシーででかけたが、大変な人が
待っていた。人気店である。
30分位待つと、上にあがり、お待ちかねの、籠に入って、ショウロンポーが目の前に、
一籠に10個鎮座まします。それを ハフハフ 言いながら 食べる、美味い、
もう一籠、もう一籠、終わらない、飽きない 美味しさであった。
ショウロンポーと共に 台北の夜は更ける。明日も昼に を約束して。


HI3A0101 故宮博物院HI3A0102総督府までの 像HI3A0104台湾総督府






HI3A0106小籠包の店の看板HI3A0107多くの待ち客HI3A0109店前の本人





HI3A0110建物横

dohongrose27 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)