名所旧跡

2010年01月03日

唐招提寺 と 薬師寺を 参詣する  

家族で リニューアルした薬師寺を参詣した。
大変 素晴らしいもので、感動した。
本尊の後ろに金色に輝く円形の中に 小さな仏が沢山見られた。

寺の山門に立つ 阿吽の阿修羅も金色に輝き見事であった。
良い正月をさせてもらった。

画像 035 阿吽画像 034 唐招提寺 夫婦画像 032 唐招提寺 遠景


                  


                  唐招提寺


画像 027鳳凰画像 029玄奘三蔵院画像 019 本尊







画像 024三重の塔 2画像 016 薬師寺 本堂 家族画像 015薬師寺のみ





                薬師寺

画像 013 阿吽 妻画像 014阿吽 私画像 031六角堂 家族




dohongrose27 at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月18日

中ノ島のバラ園は、匂うがごとく今盛りなり4

バラ園 中ノ島妖艶な色、バラ








妖艶な色の取りあわせが魅了する。
自然な組み合わせに、心ときめく


黄色の君 今咲かんとす大輪に純白のバラ








バラの花 芸者






dohongrose27 at 00:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

中ノ島のバラ園は、匂うがごとく今盛りなり4

バラ園 中ノ島妖艶な色、バラ








妖艶な色の取りあわせが魅了する。
自然な組み合わせに、心ときめく


黄色の君 今咲かんとす大輪に純白のバラ








バラの花 芸者






dohongrose27 at 00:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月12日

鴻池新田会所跡3

f9036790.jpg家族で、5月の連休の週に、上記タイトルの記事が掲載されていて、早速訪問しました、年2回特別に14日が、財閥鴻池の先祖が元々の神社に合祀されていて、公開されるという事でした。
鴻池新田の歴史ー大和川の氾濫による河川の流れを現在の大和川に変えて、
元の河川のところを埋め立て再利用してできた新田との事で、その仕事を幕府から
引き受けて鴻池が豪商の基を作ったようです。

銀行には手を出さなかったので、住友、三井、三菱の様な規模にはならなかったようである。
その歴史もさる事ながら、日本の昔の会所の建物、造り、広さ、近年の日本文化と相俟って、しっとりと落ち着いた時間を体感できました。
まだ私の知らない大阪がそこにはありました。
研修の集まりでも其の広間を使えるようです。午前中時間2千円程度で、大変値打ちで、昔の空間に自分を置けます。是非 訪問されん事を。

dohongrose27 at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

鴻池新田会所跡3

f9036790.jpg家族で、5月の連休の週に、上記タイトルの記事が掲載されていて、早速訪問しました、年2回特別に14日が、財閥鴻池の先祖が元々の神社に合祀されていて、公開されるという事でした。
鴻池新田の歴史ー大和川の氾濫による河川の流れを現在の大和川に変えて、
元の河川のところを埋め立て再利用してできた新田との事で、その仕事を幕府から
引き受けて鴻池が豪商の基を作ったようです。

銀行には手を出さなかったので、住友、三井、三菱の様な規模にはならなかったようである。
その歴史もさる事ながら、日本の昔の会所の建物、造り、広さ、近年の日本文化と相俟って、しっとりと落ち着いた時間を体感できました。
まだ私の知らない大阪がそこにはありました。
研修の集まりでも其の広間を使えるようです。午前中時間2千円程度で、大変値打ちで、昔の空間に自分を置けます。是非 訪問されん事を。

dohongrose27 at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)