2009年11月11日

bangkok first night

10月30日(金)2009.
朝 いつもより少し早く起き、オートミールとヨーグルトを食べ、昨夜パックした
バッグを担ぎ、普段着で桃山台まで行き、待つこと暫し、中国自動車道からバス
で合流した、友人S氏と地下鉄を乗り継ぎ、難波で、ラピートに乗り、空港まで。
4Fの中央案内所の待ち合わせを、間違え北ウイングの入り口から入ってしまう。

S氏が待つ間、外国で使える携帯電話の手続きをしにいく、まだ来ていないのを
おかしいなと思い、通路を中央よりに歩くと、2人連れの女性を見つけ、声をかけ落ち合う。
S氏が、戻ってすぐ、タイ航空のカウンターに行き、手続きを行う、
混んでもいなく、スムーズにチェックインするが、座席は決められているようで、
融通はきかない。軽食を2人が摂った後、通関検査、パスポート検査を受けた後、
早くも搭乗口のゲートで待つ。
スムーズに乗り込み、トイレのすぐ近くの後尾の席に、並び、M氏の足下が、伸ばした
状態でも 少しゆとりがあり、良かった。

ワインを少し飲んだのが良くなく、Mさんは、気持ちが悪い様子であった。
着陸は、通常より早く着いた事もあり、gangway のwing でなく、タラップとなった。
‘これは 困った 降りられない、ステップが多すぎる。
機内スタッフと交渉し、自動の箱になった、エレベーターを引っ張ってきてくれ、
建物近くの地上までつけてもらう。これは便利である。
スタッフの好意で、スムーズに建物に入れ、税関のパスも殆ど待たずに、私とM氏は、スワナップ空港に入国となる。

あとの2人が並んで、入国パスした時点で、すぐ近くのmoney changer (bank)で2万円、
B7000を交換。
ネットで調べたタクシーの受付は、出たらすぐあるが、価格がB1200と怪しい。
暫く待たせ、カウンターで聞いた1Fに降り、状況を見て やっとわかる、
カウンターといっても、デスク一つで、何やら紙切れに書いてわたしている おばちゃんがいる、あれこれ話すと、きっとこれに違いないと思い、2Fから友人3人を呼び、列に並び、何か もわーと暑い、半袖でないとやれない空気の中、元気なおっさんのタクシー
(メータータクシー)に乗り込む、高速は快適で早く、運ちゃんの調子もよく、歌うように、踊るように、機嫌よくハンドルをとる。市内の境界が近付くと、急に渋滞となり、
1時間以上かかって、ようやくホテルにたどり着く。

割安との事で、期待していなかったホテルがロビーが大きく、3人の女性の声が歓声に変わった。カウンターで声をかけると、‘you mr.watanabe’ と来る。’how did you know?’
岩田氏が隅のロビーで待ってくれていた。
相変わらずの優しい笑顔である。
6Fの部屋に上がると、Mさんのベッドが低いとの事で、その高さだと、隅からヒョイとは立てない。メッドメーキングの可愛い女性とフロントの3元電話で、了解をとり、
自分の部屋のベッドを運び入れ、重ねるも 今度は高すぎる、そこで、スペアのベッドが
小さいので、それと上のベッドを取り換え、橋を揃え、やっと治まる。

確かに 欧州だと、もう少し高く、イメージは理解できる。
岩田氏の案内でタイすきにでかけるも、Mさんは、調子悪く、部屋で寝ているとの事で、
気の毒になる。

初めての地下鉄の切符の購入方法を岩田氏から伝授してもらい、自分で各自購入し、
改札を入り、電車にのる。駅はラーマ9世で、すぐ近くの大きなビルに入り、
お腹がすいた3人が、待ちかねたタイすきを、どんどん食べ、追加の野菜も多く、
雑炊食べる前に満腹になる、別皿の中華風のこってりしたソースのカモ肉が
食べ応えがあった。以前にも連れてきてもらったMKのチェーン店だが、
4人で、B1300 バンコクでは、家族で、月一度位しかこれない、レベルとの話で、
豊かになったようである。ここは清潔で、客が多かった。

帰りは、ホテルまで送ってもらい、夜道の確認ができた。
部屋に戻り、下着を洗いにつけ、シャワーを浴び、干しものをし終えると
今日を振り返ることなく バタンキューで、バンコクの最初の夜は消えていく。

HI3A0045 ラピート







nabeCIMG0036ladies in subway







CIMG0030 食事中 mkiCIMG0031ladies in meal










dohongrose27 at 11:23│Comments(0)TrackBack(0) | 心の旅

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字