2009年09月01日

夏の思い出 (友の6回忌)

60e14f21.jpg夏の集まり ="5" class="pict" align="left" />





平成16年5月24日に、55歳で突然亡くなり、5年が過ぎた。
英詩が好きな紳士だった友を思い、未亡人になった人の
終の棲家になった別邸を 今年も同級生で訪れた、

毎年のお経を読み、心づくしの、小生の好きな 丹波牛の刺身を
用意して待ってくれていた。

舞鶴北陸道に乗り換えて まもなくの春日インターを降りると
自然の匂いがする、つくとすぐ 一人で周囲をあるき その地の空気にふれる。
夜は、真っ暗な中、すぐ裏の川の突堤に立ち、黒い山々、田畑、わずかに灯りを
見つけて安らぐ、静かな古の風景が 心に残る。

今年は、膠原病の夫人と友人を連れて、アジアの地を案内する約束をしてしまった。
楽しく安全な旅にしなくては、課題を持って、今年の夏も終わった。



dohongrose27 at 15:00│Comments(0)TrackBack(0)心の旅 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字