2006年05月13日

東南アジアの旅 (4.07 - 17, 06) 後記5

後記

帰りのバンコクのファランポー中央駅にポイペトから列車に5時間近く乗って戻ったルート、シェムリアップからポイペとまでの車を借り切って走った3時間強、
バンコクから シェムリアップまでの カンボジアに行く時のバス、昼食、謎の休憩・食事、ぼったくりのホテル、―――と 全て英国人が blogに書いていた通りで、それを、バスで行ったケース、タクシー&列車のケースと 両方実践した事になる。

一つ違ったのは、pick up truck に 乗らず、屋根もあり、冷房が聞いていた事である。
改訂版を lonely planet(バックパッカー向け世界的ブログ) に 書いてやろうかと思っている。
ポイペトの乗り換えは、一人心配した、途中 山のように現地人が乗っていたトラックに
乗り、砂埃と暑さの中を 走らずに済んだのは良かったが、灼熱のカンボジア平原を体感できなかったともいえる。それは、幸いであったかもしれない。

帰りに  小さなポイペトの街で泊まった事は、ブログには書かれていなかったが、バンコク在住の岩田氏のお蔭で、ソンクランの水掛祭りと体感できた事を 感謝したい。
小さな国境の街で、音楽に乗せて祭りに騒ぐ人々と、南国の木々と夕暮れ時の光景が 
残照のように 心に刻まれた。

さて、今回の旅は、費用を 考えると 8万円くらいで済んだ。
領収書のはぎれや 手帳に記した費用を 表に作成する時、其の国の生活、物価が
垣間見えて、興味深い。3都市の通貨、文化、生活と比較も少しは 理解ができる。
其の上で 其の国の記事を 見ると、其の地域の状況が見えてくる。

今回 ホテルは、ホーチミンで、twin $15 と費用が高く、バンコクでは、
dormitory と 呼ぶ 2段ベッド 5,6個ある guest house B170, シェムリアップ
$7/twin の宿 と、バックパッカーの泊まる安い宿を利用した。
通常のホテルでも、欧米の一泊の費用で、4泊位利用できるのが東南アジアである。
食事は、今回殆ど ご馳走で、よく食べた。ホーチミンで、4人で$68が、最高で。
バンコク、シェムリアップ と$10 位で、いい食事を頂けた。
交通の移動は、列車、ツアー用のバスを利用すると、かなり安い。
といっても 日本の物価と比較した場合で、逆に高い物価に我々は 慣らされているとも
言えるし、海外に出てみると、円の強さ、経済力を体感できることになる。
薄給の身の、シニアには、ありがたい。現地に来てみて、あらためて地域の文化を知ることになる。現地の人と知り合うには、公共機関を使って、地を這うように旅をして、その国を知ることになる。其の国の言葉が 少し話せれば 更に好きになるでしょう。
今回 愉しく旅をしてくれた 若い友人3名の、カッチ、親方、岩ちゃんに感謝をして
筆をおきます。
Thanks guys, thanks anchol wat. / nabe



dohongrose27 at 08:46│Comments(5)TrackBack(1) | 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 本気で喘がされて・・・  [ キティ ]   2006年05月13日 22:35
オジサン相手に何回もイカさえrちゃったよぉ

この記事へのコメント

1. Posted by 親方!   2006年05月14日 12:35
感謝しているのはこちらのほうです。
nabeさんと旅行できてほんと良かったと思っています。
たまにこのブログを読んでは東南アジアの夢に浸っています。
今後も楽しみにしています。
よろしくお願いします。
2. Posted by ひまわり   2006年05月15日 00:23
こんばんは。
nabeさんシニアだというのに元気ですね!
若い友人3人と行動を共にできるんだから。
見直しちゃいます☆

欧米の一泊の費用で、4泊位利用できるのが東南アジアですか。
8万円で行けたなんて、すごいですね。

3. Posted by nabe   2006年05月16日 00:20
9泊で、宿代\5,410.- ヒヒヒ です。
唯 帰宅後 回復に同じくらいかかります。
4. Posted by がんちゃん   2006年05月17日 16:44
nabe さん、どうもご苦労様でした。
今回の旅行、とても楽しかったです。
いろいろと予定外の事が多かったけど、旅のハプニングはwelcome です。
順調にいくより、強く印象に残りますからね。
あれから1月経ったのに、まだ余韻が残っている感じがします。
誘って頂いて、本当に感謝しています。

コップンカップ!

5. Posted by nabe   2006年05月30日 00:17
岩ちゃんのコメントなによりです。こんな付き合いがオアシスです。俗世間は、味気ない日々ですね。
異国の地での経験した事は、純粋な世界ですね。まだまだ行きたいですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字