2009年01月

2009年01月01日

青春鉄道旅行、冬の山陰を大晦日に

雪の山冬の鳥取砂丘







城崎温泉雪の智頭







青春列車の旅で 日本海へ2年ぶりに家族4人、大晦日ぐるり兵庫一週。

朝4時起き、5時に出て、駅近くの駐車場で車を停め、大阪駅発6:00PM 網干行き快速で、上郡、智頭線、鳥取砂丘、浜坂、城崎で温泉につかり、
夜の9時過ぎ大阪駅に舞い戻りました。

長男が離れているので、家族4人の気綱が強くなった気がします、
次男と私は、大方眠ってましたが。

智頭線は、別運賃(青春切符に含まれず)だが、鳥取まで一気に近くなった様です。
鳥取までの山岳部は、雪一色で、浜坂(夢千代日記)の街は、雪国。

砂丘は、寒く、窓の外は、灰色の雲が日本海に重くのしかかり、
食事と砂の美術館を見学して、早々に戻る。
浜阪を発ち、見所の餘部鉄橋を渡る時、立ち上がると 若い鉄ちゃん達も待ちかねたように立ち上がり歓声。
眼下には、一組の人がこちらにカメラを向けていた。上からでも十分高さを味わえた。

最後の愉しみの城崎温泉は、駅近くに温泉旅館があり、駅からすぐ
飛び込み、露天風呂で暖まれた。
旅館を出て振りかえると しっとりした温泉街が心に残った。

8:23 上郡
9:40 智頭
10:09 智頭(JR)
11:10 鳥取
13:34 "
14:24 浜坂
15:04 "
16:07 城崎
17:11 "
19:00 福知山
21;19 大阪

青春切符 ¥2300 x 5 pcs.
城崎からの帰り、特に福知山からが この旅の消化試合、忍耐強く



dohongrose27 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)